肌のお手入れ

W洗顔の必要性と、やってはいけないダブル洗顔とは?

洗顔

 

クレンジングと洗顔料で顔を2回洗うダブル洗顔。

 

雑誌やSNSなどのメディアでも、

  • ダブル洗顔は面倒だからやらない
  • ダブル洗顔をすると、かえって肌に負担がかかって良くない

という意見を聞くことがありますよね。

 

ここでは、ダブル洗顔の必要性について考えてみます。

 

正しい洗顔方法を身に着けて、透明感のある肌を手に入れましょう!

 

 

W洗顔が必要な理由とは?

 

一般的にW洗顔が必要と言われる理由としては、クレンジングの役割と、洗顔料での洗顔の役割が異なるということが挙げられます。

 

クレンジングの役割

クレンジング剤は、メイクを落とすことが第1の目的です。

 

ほとんどの場合、メイクは油性なので、水やお湯で洗っても、水と油は混ざりません。
つまり、なかなかメイクをきれいに落とすことができません。

 

それに対して、クレンジングには、界面活性剤などが配合されており、水と油を馴染ませる性質があります。
馴染むことで、メイクをきれいにオフできるという訳ですね。

 

このようにクレンジングは、化粧品(ファンデーション、日焼け止め、ポイントメイク)をはじめとした油溶性の汚れを落とすように出来ています。

 

洗顔料の役割

では、一般の洗顔料の役割はというと、水溶性の汚れを落とすことです。

 

日常生活している中で、顔には汗やほこりに起因した汚れが付着しています。

 

この汚れが付着したままの状態ですと、酸化して肌が黒ずんできたり、菌のエサになって肌荒れが引き起こされたりしてしまいます。

 

洗顔料で洗顔することで、皮膚のターンオーバーを妨げる汚れを除去することも目的です。

 

W洗顔の必要性

このように油溶性の汚れを落とすクレンジング、水溶性の汚れを落とす洗顔料は、その目的が違うため両方を使ったW洗顔が大切ということです。

 

 

一見、クレンジングだけでも汚れが落ちているような気もするかもしれません。

 

ですが、クレンジングを水ですすいだだけでは、界面活性剤が皮膚に残ってしまいやすいです。

 

肌に残った界面活性剤が、肌のターンオーバーを妨げたり、肌荒れを引き起こしたり、ということもあるそうです。

 

 

ですから、クレンジングでメイクを落とした後に、残った別の汚れを洗顔料で丁寧に落としておくことが、綺麗な素肌を保つために必要とされているのです。

 

 

肌の状態が悪化するW洗顔の方法とは?毛穴や乾燥に注意!

 

W洗顔のやり方にも注意点があります。
本来は汚れをしっかり落として肌トラブルを予防するために行うダブル洗顔。

 

ですが、下手なやり方を実践してしまうと、肌が乾燥したり、毛穴が開いたりしてしまうことがあります。

 

 

具体的には、肌を強く擦る洗顔方法はNGです。

 

2回顔を洗うことになるので、肌にかかる負担・ダメージがそれだけ大きくなってしまいます。

 

お肌の表面の潤いや皮脂まで洗い流されて、肌を守るバリア機能が低下してしまい、乾燥や老化の原因になることもあるんです。

 

くすみ、黒ずみ、色素沈着を促進してしまうことも。。。

 

 

たまに「W洗顔をやめたら肌の調子が良くなった」という話を聞くこともありますが、これは洗顔方法が原因で肌のダメージや皮脂過剰を招いていた場合が多いと言われています。

 

 

やっぱりダブル洗顔はめんどくさい!

 

ここまで、W洗顔の必要性について話してきました。

 

とはいっても、W洗顔って面倒ですよね。
夜疲れているときや、忙しいときは短い時間で済ませたいものです。

 

また、敏感肌なのでW洗顔は控えたいって方もいらっしゃると思います。

 

 

そんな時は、W洗顔不要のクレンジングを使うと良いでしょう。

 

W洗顔不要のクレンジングは、通常のクレンジングと洗顔を一度で済ませることができるクレンジングです。

 

油性のメイク汚れだけでなく、水溶性の汚れも落とすことができるので、手間や時間をカットすることができるのが魅力です。

 

リ・ダーマラボ

W洗顔不要のクレンジングでお勧めなのは、リダーマラボのモイストゲルクレンジングです。

 

洗浄力もしっかりしていて、キチンとメイク落としできます。

 

また、汚れを落とすだけでなく、黒ずみや角栓など毛穴ケアも出来るので多くの方が愛用しています。

 

 

リダーマラボについてはコチラに詳しく書かれています。
リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

 

42種類の美容液成分が配合されており、エイジングケアや毛穴効果が期待できるのに、W洗顔不要という手軽さが人気の秘密ですね。